手帳初心者でも「使いやすい」「はじめやすい」
手帳習慣をもっと気軽に始められるような手帳がほしい!という声からワンセメ手帳は誕生しました。
月間カレンダーは折り畳み式。月間カレンダーを広げると月間と週間の予定を同時に確認できます。月・週・日ごとの予定やメモを見開き1ページで管理できるため大変便利です。1日の予定が過密になりやすい「ビジネスマン」「ママさん」にもお勧めです。

予定管理はデジタルで管理している方でも、複数の予定を管理するのはなかなか難しいもの。予定の漏れがあったり、ダブルブッキングをしてしまうことはありませんか?それは予定がデジタルでは管理できないほど複雑になっているのかも!紙の手帳は「デジタルに足りない部分を補うツール」です。たとえば「一覧性」「日付が決まっていないタスクの管理」などは紙の手帳を使うのが便利。手帳を使いこなせれば今よりもっとスケジュール管理が楽になるかもしれません。

携帯しやすい半年タイプ
1冊が1セメスター(学期ごと※6か月間)になっている手帳です。通常の手帳と比べて軽く持ち運びしやすく、携帯しやすいのが特徴。春「3~9月」・秋「9~3月」と学期ごとに切り替えることができるため学生さんはもちろん、お子さんをもつお母さんにもピッタリな手帳です。

通常の手帳の約半分になっているため、軽さはもちろん、手帳自体の厚さもかなり薄め。手帳にメモや写真をたくさん貼っても分厚くなりすぎる心配がありません。

見開きページで月間カレンダーを確認
見開きページを開くことで、「月間カレンダー」と「週間バーチカル」を同時にみることのできる、時間管理にぴったりな手帳となっています。月の予定を確認しながら、週間ページに予定を記入することができるため、スケジュール管理がしやすく「ダブルブッキング」「記入漏れ」を防ぐことができます。

月始めのページが見開き加工になっており、「月間カレンダー」「メモ」「週間バーチカル」を同時に確認することが可能。月間カレンダーの下はメモスペースとなっており、月ごとの目標やタスクなどを書き留めておくことができます。

週間ページは、縦割りのバーチカル仕様となっており、5時から24時まで対応しており、1週間の予定を細かく時間で管理することが出来ます。

見開き部分は折りたたむことができます。見開きの裏ページは前月の振り返りができる方眼のメモスペースがあり、ちょっとしたメモなどを書き込むことができます。

見開きページを折りたたむことにより、月間ページ部分はほかのページに比べて少しだけページが奥に入っている仕様となっています。そのためインデックス加工がなくても、ページがぴったり自然に月始めの週間ページが開けるようになっています。




カラーバリエーション
ビジネスでもプライベートでも使いやすいベーシックな2色展開




商品スペック

鞄などにいれて持ち運びやすいB6サイズ。
春(2022年3月~9月)秋(9月~2023年3月)の2冊セットとなっております。

商品名 ワンセメ手帳
フォーマット 月間マンスリー+週間バーチカル
サイズ B6(128×182mm)※A5よりひとまわり小さいサイズ
セット内容 春手帳 1冊:2022年3月~9月
秋手帳 1冊:9月~2023年3月
手帳カバー:1つ
厚み 中身7mm
重さ 約118g(本体のみ)
ページ数 122ページ
カバー PVC(ペンホルダー・カードスリット付き)
マンスリー 月曜始まり
バーチカル 5:00~24:00
仕様 ■年間カレンダー
■月間ページ(折り畳み式)
■週間バーチカル
■メモページ
■月の振り返りページ
■ウィッシュリスト
■アニバーサリーリスト
■サンクスページ
■映画や本のタイトルメモページ
■収入管理ページ
■ビジネス用語集
■時間割表

ユメキロック(伊藤手帳)は、愛知大学キャリア支援センターとの低年次キャリアデザインプログラム~CAREER FIELD~と連携した「CF手帳制作プロジェクト」を発足させました。このプロジェクトは愛知大学生が「大学生活4年間を楽しくする手帳」の企画から販売プロモーションを考える内容となっています。「ありそうでなかった手帳」・「仕様設計」・「カバー選択」など大学生が自ら考え、学生視点による内容構成と伊藤手帳の技術力のコラボ―レーションを通しスマホ世代の現役大学生が考案した「手帳を使ったことのない大学生、書く習慣をつけたい大学生のための手帳」ワンセメ手帳が完成いたしました。