自社手帳工場

より高品質で満足度の高いサービスを
お客様にお届けできる理由は
「自社工場」にあり。

手帳の印刷・製本は特殊な技術を要しますが、60年にわたって手帳を作り続けている当社には、これまで蓄積してきた膨大な技術とノウハウがあります。さらに、当社ではセンサーやカメラを付け、機械と人のダブルチェックで人の目が届かないところまで確認するなど、一定の品質を保つための体制を整えています。また、広くフラットな工場で生産効率を上げることで、納期を厳守。自社工場なのでサンプル作成にもスピーディーに対応しています。

写真:2013 年現在 自社工場
2013年現在 自社工場
(敷地面積1100坪、
工場面積350坪×2棟)

写真:工場内部
工場内部

工場見取り図

各工程をクリックすると詳細を表示します。

各工程の詳細を見る

生産本部長ごあいさつ

当社工場は昭和12年の創業以来、60年以上に渡って「手帳づくり一筋」に励んでまいりました。先々代より始まりましたこの工場には、たくさんの知識、技術、手帳に対する思いが詰まっています。私の座右の銘は、「作れない物は無い」です。形あるものは絶対に作れると思い、お客様のご要望にお応えするため、日々、知恵や工夫を絞りだし、手帳づくりに専念してきました。また、伊藤手帳の社是に「モノは人が作る」という言葉があります。どんなに最新の設備を備えていても、作る人の情熱がなければ、いいモノができないからです。私たちはそんな自負と誇りをもって、これからもお客様が喜んで使っていただけるような手帳を、1冊、1冊丁寧に作り続けてまいります。

写真:生産本部長 伊藤 広幸
生産本部長 伊藤 広幸

このページのトップへ